医院検索サイト[歯医者・クリニック検索のタウンヘルスケア]

歯医者・クリニック検索のタウンヘルスケア

医療検索・登録サイト
HOME運営会社プライバシーポリシーお問い合わせ

医療最前線 ─近所の名医にきく─

医療最前線 > Report No. 01

白内障手術の現状

タウンヘルスケア 医療最前線 ─近所の名医にきく─

MeL(メル)眼科クリニック(東京都西東京市田無町)
院長

徳永 貴元 眼科医師

レンズの選定はとても大事。患者さん一人一人にあったレンズを選ぶことが大切。

─ 目に埋め込むレンズには種類がたくさんあるそうですね?

通常の、透明なレンズの他に、色が着いているものや、乱視を矯正できるものもあります。
遠くを見るとか近くを見るとか、普通のレンズでは両方ともはピントが合わないんですが、多焦点眼内レンズと言って、遠くも見えるし近くも見えますという特殊なものもあります。

─ そのレンズ選びは、先生と患者さんが話し合って適当なものを選ぶんですね。

そうです。
しかし、多焦点レンズは高価なので、保険ではなく自費になってしまいます。
保険でやれるのは、多焦点レンズではありません。
そこは、患者さんと話し合って決めます。

また、乱視用は保険でできます。
乱視がある程度ある方には、このレンズを入れています。

─ 白内障の手術も保険でできるのですね。

多焦点レンズでなければ、手術は保険治療です。
手術自体にかかる、患者さんの負担金額は決まっています。
日本全国同じです。

─ これをきっかけにだいぶ見えるようになるという方も多いんですよね。

もちろん、治療がうまくいけば、凄くよく見えるようになりますよ。

─ 多焦点は遠い所と近い所を見えるので、逆に眼が疲れるのでは?

眼が疲れるといっても、結局、見ているのは脳なんです。
眼から送られてきた情報を脳が処理しているわけですから、脳がどうやってそれを受け止めるか?慣れていけるか?ということで、それには個人差がありますね。

比較的年齢が高い方だと難しいかもしれないので、あまり高齢な方にはお勧めしていないですね。
若い方の方が、成功する確率が高くなるのではないでしょうか。

一人一人の患者さんの、それぞれの状況を聞いてきちんと相談した上で、お互い納得のいく適切なレンズを選ぶようにしています。

─ 手術後も通院するのでしょうか?

やはり手術ですから、どんなに細心の注意を払っているとはいえ、細菌が感染してしまうことがあります。

とんでもないような細菌の感染は、手術後早い段階でわかります。
ですから、手術翌日とその翌日の二日間は経過観察が必要です。
術後の二日間は、医院に来てもらっています。
この期間で、特に問題なければまず大丈夫だと思っています。
その後は、1週間後、その2週間後と来てもらい、あとは1ヶ月ごとに経過観察しています。

 

PAGETOP